マンション管理組合に税務調査が・・・、入る前に早めの対策

携帯会社や駐車場管理会社の情報をもとに、マンション管理組合に対する税務調査が増えています。

 

今マンション管理組合に、税務署は狙いを定めています。

 

 

Q1:なぜ税務申告を行う必要があるのですか?

Answer
マンション管理組合は法人税法上、人格のない社団等に該当します。 人格のない社団等が収益事業を営む場合、その収益事業から生じた所得に対しては法人税が課税されますので税務申告を行う必要が生じます。

Q2:どのような事業が収益事業に該当しますか?

Answer
収益事業とは、法人税法において、販売業、製造業その他一定の事業で、継続して事業場を設けて行われるものをいいます。マンション管理組合において、駐車場収入、携帯電話基地局収入及び看板・広告料収入等を得ている場合には、これらはすべて収益事業に該当します。

Q3:収益事業を行った場合、どのような税金を払わなければなりませんか?

Answer
マンション管理組合において納税が必要となる税金は、法人税、住民税及び事業税です。 また、基準期間(前々事業年度)の課税売上高が1,000万円を超える場合には、消費税の納税義務が生じます。

Q4:いくらの税金がかかりますか?

Answer
【法人税・住民税・事業税】
所得金額によって納税額は変動いたしますが、利益に対し実効税率約35%を乗じた額が納税額のひとつの目安になるかと思われます。また、たとえ収支が赤字となった場合においても、住民税の均等割額は納付しなければなりません。
【消費税】
消費税の納税額の計算は、一般的には、売上に係る消費税額から、仕入に係る消費税額を差し引いた金額が納付すべき税額となります。

Q5:収入から控除できる経費はどのようなものがありますか?

Answer
収益事業に直接要した費用の額は、経費として認められます。
また、収益事業と収益事業以外の事業とに共通して要した費用の額は、合理的な基準により按分計算を行い、収益事業に要した費用の額と認められる額について、経費として控除できます。 

 

少しでも不安に思ったら、無料相談よりお気軽にご相談ください。

 

メールにて無料相談ください

メモ: * は入力必須項目です

経営革新等支援機関

http://www.t-cpa.net

TEL:0463-23-0246

(税理士法人タックスケア代理)

FAX:020-4622-2789

(平日受付時間9~17時)

 

email:info@tt-cpa.com

 

休業日:土曜、日曜、祝祭日

(事前のご連絡で土日や時間外も対応)

 

【士業検索.com】士業の検索なら士業検索.com!税理士、弁護士、司法書士、行政書士、公認会計士、弁理士、社会保険労務士等、士業の検索

最新情報発信(RSS)

関東経済産業局(補助金など新着情報)

「知財のミカタ-巡回特許庁in 関東- 知財経営セミナー(10月23日)」は台風21号の接近に伴い、皆様の安全確保のため、大変ご迷惑をおかけしますが開催中止とさせていただきます。

>> 続きを読む

平成29年度伝統的工芸品産業功労者等「経済産業大臣表彰」及び「関東経済産業局長表彰」が決定しました
報道発表
>> 続きを読む

平成29年度第1回水素・燃料電池による自治体向け勉強会を開催します
イベント
>> 続きを読む

管内の経済動向(8月のデータを中心として)
報道発表
>> 続きを読む